スポンサーサイト

始めにここをお読みください。

初めまして。優月(ゆつき)と申します。こちらメインのお話部屋の別館となリます。こちら、東方から舞い降りた2神をイメージした完全なる私の心の中のお話です。全てが妄想であり、全てが作り話となっております。ここでのCPは虎×鹿のみとなっており、私の中での東方の神はこの2神以外存在しません。FF/BLをご理解できない方、知らない方の閲覧は固くお断りしますし、閲覧をおススメしておりません。腐目線注意。ジャンル的にR...

海賊に恋をして 63

『さぁ…ゲームを始めよう…………』ユノのその一言に、周りの空気が一気に変わる。ユノはゆっくりとワイングラスの並ぶテーブルまで歩み寄る。『話が早いなぁ、ユノ。さぁ、楽しいゲームのはじまりだ。俺を楽しませてくれ。』兄はそう良いながらチャンミンを手荒く突き飛ばす。床にたたきつけられたチャンミンは、それでもすぐにその身を起こし、『ユノさんっ!ダメっ!!そんな事……そんな事しなくたっていいからっ!!』ユノを真っ直...

海賊に恋をして 62

何故…ここにチャンミンが……。生きて欲しいと願い、決して離したくないその手を離したその人が…なぜ…この城の中に……。『チャンミンっ!!』ユノが駆け寄ろうとした瞬間、ユノの後ろに居たはずの兄がその行く手を遮る。『おっと…。ユノ…お前は何も分かっていないようだな……』そう言って兄はじわりじわりとチャンミンに近付く。口角をにやりと上げながら、ユノとチャンミンの間に立ちふさがり、すっと剣先をチャンミンへと向けた。『...

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。