上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

- comments

非公開コメント

ヒョンの忘れ物。



あれ……

これって。


まったくヒョンは相変わらずだ。



今日も忘れたな??



いつも僕が持って行かなきゃならない。


僕の気にもなってよね。


今日は先に出たヒョンだけど、


僕はもうちょっとだけ遅れて行ける。

ちょっとした会議はヒョンに任せっぱなしで申し訳ないけど、

ヒョンはリーダーとして東方神起を引っ張ってくれるし、

そんなヒョンだから、

僕も安心して任せっぱなし。

それに、
いつだって僕たちの意見も進む先も一緒だから、


『はい。そうですね』
『それでいいです』

相槌しかしない僕なんだし。


決まった事はちゃんと連絡してくれるし、


僕が何となく呟いた事も、

ヒョンはちゃんと覚えていて、

東方神起の意見、
僕の意見として伝えてくれる。


そんなヒョンが誇らしいし、

そんなヒョンだから、

僕は全信頼を置いている。








そろそろかな…?




そう思った瞬間に鳴ったスマホの着信音。



『チャンドラ~また忘れた!!』




ほらほら来た来た(笑)



『はいはい。分かってますよ』



そう言ってバンから降りる。


『おっ!!
チャンドラ~!!もう来てたの?
今日はもっとゆっくりで良かったのに!!』



あんた…バカじゃないのか?


これがないと事務所に入れないじゃないか。



あなたが忘れた瞬間に、


僕はすでにあなたの忘れ物を持って家を出てますよ??


だからこそ、


僕がちょっと遅れても良い日だって、


結局は一緒に事務所に来ちゃうじゃん。







ヒョンだけでも良かった会議にふたりで並んで座って、


結局、


僕はヒョンの隣で相槌を打ってるんだ。




いつものように、


いつもと変わらず。




『チャンドラは?何か意見ある?』


『ヒョンが全部言いました。』


『そう?たまには言ってもいいんだよ?』


『ヒョンが全部言っちゃったじゃん。一緒だよ。』


『じゃぁ…今回のコンセプトもこれでいいよな?』





『ねんねみ~♥』





はい……

バカなお話でごめんなさいっ!!


こんな顔してますが、
実は甘えん坊なんです…僕////←ヒョンだけにね(^^♪
にほんブログ村 BL・GL・TLブログ 二次BL小説へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

2 comments

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。